AKB48・・ 総選挙とライダースナック

AKB48総選挙・・・またまたMBAなんか取るとなんか裏を考えてしまいますね

AKB48の「総選挙」がありましたね。まるで小生が小学生の時の「ライダースナック現象」です。
消費者が100人しか居ない時に、100人以上の消費を創りだすには最高の方法です。
「ライダースナック」・・・ 覚えている人は40歳以上の人ですね。 当時「仮面ライダー」がすごい人気で、カルビーがそれとタイアップして「ライダースナック」という、あえて言うと「かっぱえびせんをちょっとまずくした」ようなスナックを出しました。小生もライダースナックそのものは「まずい」と思いました。
しかし、それでも「おまけ」で付いていた「ライダーカード(仮面ライダーや、やっつけられる怪人が100種類以上のカードになっていました)」が欲しくて、本体よりも「カードが欲しいから」という理由で小学生はみんなライダースナックを買っていました。
(その影で、公園のゴミ箱に捨てられているカード抜きのライダースナックが沢山ありました)
AKB48の総選挙も全く同じですね。CDに投票権が付いていますので、CD本体よりも「投票権」を買っているようなものです。そのため「同じCDを何枚も買ってしまう」現象となっています。
商売として考えると一流ですね。しかし、消費者の心理を突いて(と言うより弱みに付け込んで)、「そこまでやるか?」という気がします。

イベントとしては面白いので、これも特に批判する気はないですが、MBAなんか取ると、またまた裏を考えてしまって、純粋に楽しめなくなってくるように思います。

Go Top