福島の原発事故について2

福島の原発事故について2

小生の大学の同級生が、関西電力に居ます。
「同じ電力事業者として」とのことで、後方支援(福島のJビレッジに補給基地を作り、合わせて放射能汚染のチェックなどもしているそうです)に出かけることになったとの連絡が来ました。

小生も、金融システムですが、「インフラ屋」として、トラブルの際は「命を懸けて」とまでは言いませんが、過去最高は「23日連続出勤」、「2泊3日連続勤務」(けっこー最後は眠かったです。海外のシステムを見ていたので、地球2回半でした)です。
しかし、今回はリアル「命懸け」です。

わかっているひとは「ここで放射線を多少浴びたところで、ちょっと寿命が縮むだけ、50過ぎたらあとは誤差」「結局タバコのほうが発がん性高いもの・・・」と思ってはいるのでしょうけど、やっぱり「見えないものは恐い・・・」
ブルース・ウイリスの映画ではないですが、今日も福島のほうでは名も無きヒーローが活躍しています。

Go Top